不動産の営業職は、仕事内容が多岐に分かれます。

不動産の営業職は給料が良いというイメージや、精神的に厳しいなど様々な意見があります。営業の中でもマンションなどの販売営業、売買仲介、賃貸仲介、法人営業など、多岐に分かれます。一般的に、新入社員は営業に回されるケースが多いです。不動産業界のセールスは、高額歩合が支払われます。国家資格である宅地建物取引主任者を持っていると、資格手当などがつくなど優遇されるケースもあります。不動産業界の楽なところは、入社がたやすい事です。人の出入りが激しいため、一年中、募集しています。会社の規模、売買に力を入れているのか、賃貸に力を入れているのかで全く仕事内容が変わってきます。企画、開発ではマンションやビル、分譲住宅、市街地開発等の、企画開発を行います。各戸建てやマンションに、会社で印刷したチラシをポスティングする仕事もあります。場合によっては、飛び込み訪問もします。オープンハウスの際の看板設置などもあります。